和服のお手入れQ&A

日本の着物紹介サイト

最初に

お手入れをしっかりと行わないと、着物が傷んでしまいます。折角の着物を長く着られるように、着用したら、すぐにお手入れをする事が大切です。外出から帰ったら、必ずお手入れをする習慣をつけると良いでしょう。また、お手入れの前に手を清潔にしておき、着物が汚れないように衣紋敷きや風呂敷などの上で着脱するようにする習慣をつけましょう。部屋で何かを飲食した場合には、食べ物や飲み物が付着してしまわないか注意する事も必要です。

一日着用していた衣類は、汗を吸い取っています。そのまま畳んでしまうとカビの原因になるので、直射日光の当たらない室内で一日陰干しておくようにしましょう。着物と一緒に使用した帯や、長襦袢、小物も一緒に陰干ししておくと良いでしょう。風を通し終えたら、袂の中に溜まったホコリをブラシで取り除き、着物の素材に合わせた方法で、ホコリを落として行きます。この時に、着物に汚れがついていないか、チェックしてください。女性の場合、ファンデーションや、口紅などが付いてしまう事が多くあります。汚れは放っておくと落ちにくくなって変色の原因や、虫食いの原因となってしまいますので、汚れに気付いた時には、早めに専門業者に依頼して対処して貰うようにしましょう。

また、しわが出来ていないか確認する事も大切です。しわが残ったまま畳んでしまうと、しわが取れにくくなってしまいます。しわが目立つようなら、当て布をしてアイロンをかけてください。夏物の場合、酷く汗をかいた場合、汗じみの原因にならないように汗抜きをするようにしましょう。汗じみは時間が経つと黄ばんで来るので、汗をかいたと思った時は、すぐに汗抜きをするように心がけましょう。汗抜きの方法は、濡れた布で汗を叩きだし、風干しをして充分に乾かすようにしてください。

しわが目立つ場合は、この後でアイロンを当てると綺麗に消す事が出来ます。帯は、脱いだらすぐにしわを伸ばして、裏返しにして陰干しをするようにしてください。この時に汚れやシミのチェックをして、ホコリを布やブラシで落とすようにしましょう。着用した際のお手入れは上記の通りですが、着用していない時にも必要な着物の手入れがあります。それは、定期的な虫干しと、たとう紙の交換です。たとう紙とは着物を包んでいる紙の事で、和紙で出来ているたとう紙は、着物の湿気を吸い取ってくれます。小まめに換える事で着物が長持ちしますので、虫干しの度に新しいものと交換すると良いでしょう。

reccomend

着物の歴史
着物の歴史
着物は、長い歴史の中で受けつがれ、育まれてきた世界に誇れる「日本の伝統文化」です。

着物の衿の形
着物の衿の形
着物の衿の形は、衿の幅により、広衿、撥(バチ)衿、棒衿の三種類があります。

夏の着物
夏の着物
夏の着物は、着手はもちろんのこと見た目にも涼しくありたいものです。

Copyright©2013 和服のお手入れQ&A All Rights Reserved.