和服のお手入れQ&A

日本の着物紹介サイト

シミ・汚れ落としの基本

着物の手入れをするときには手順などを見極めたうえでこなしていくことで無駄のないものになりますし、大切な着物について傷まないように扱うことができるようになるため知識を集めておくことが有効であるといえます。沁み汚れ落としの基本などは日常生活を送るときに着物を着ようと考えている場合には特に知っておくと役立つもののひとつであるといえます。沁み汚れを見るときには、まず種類がいろいろとあることを知っておくとよいです。

水性や油性だけではなく速乾性のあるもの、粘性のあるもの、色素が強いものなど種類が様々ですからそれぞれについて対策をとれるようにしておくことが迅速で正確な作業のためには必要となります。水性の汚れの場合には、乾かないうちに固く絞った布巾などで吸い取ってしまうようにすると汚れを最小限に抑えられます。洗剤などで洗う前に根本的な被害を少なく食い止めておくということは基本的なテクニックですから、覚えておくと役立ちます。

汚れの種類によっては広がってしまうということもありますから、出来るだけ周辺に対して水分が行き渡らないようにすることが効果的と言えます。その為絞って最小限の水分で拭き取るようにすることが有効なのです。油性のものの場合には、溶剤などを含んだうえで叩いてシミを取り除いていくということが基本的な方法となります。固着してこびりついてしまった汚れなどがある場合には、物理的にある程度引き剥がしてから残りについて行うようにすると溶剤によって溶けてしまったものが再付着するということを避けやすくなります元々の染料に対しても影響を与えてしまうことが考えられますから、目立たない箇所に試してみるというような予防策を忘れないようにすると無理なく汚れ落としをできます。

速乾性のものなどは、乾かないうちであれば即座に溶剤でふき取ってしまうと沁み汚れとして固定する前に解決できることがあります。固まってしまった場合には、水性油性などを見極めながら前述の方法で処理をしていくということになります。粘性のあるものなどの場合には、ある程度水につけるなどして緩めてから吸着するように汚れを取っていくとうまくいくことがあります。この場合には染みといっても表面に絡まっているだけという場合もあるからです。漂白などをしても問題ない場合には合わせて行っておくと確実に除去しやすくなります。カレーやトマトソースなどで色素が強い場合には漂白剤などを最小限使うと有効です。

reccomend

着物の歴史
着物の歴史
着物は、長い歴史の中で受けつがれ、育まれてきた世界に誇れる「日本の伝統文化」です。

着物の衿の形
着物の衿の形
着物の衿の形は、衿の幅により、広衿、撥(バチ)衿、棒衿の三種類があります。

夏の着物
夏の着物
夏の着物は、着手はもちろんのこと見た目にも涼しくありたいものです。

Copyright©2013 和服のお手入れQ&A All Rights Reserved.