和服のお手入れQ&A

日本の着物紹介サイト

着物買取りでは有名作家・作家物

着物買取りにおいてはやはり、その着物のデザインや染などを手掛けた作家によって人気の度合いが違ってきます。特に有名作家・作家物はどの着物買取り業者でも積極的に買い取ってもらえる可能性が高くなります。たとえばそのような人気の作家の中に、久保田一竹・松井青々などがいます。

久保田一竹は染色家で、特に「辻が花染め」を研究し、過去の復元だけではなく独自の作品は「一竹辻が花」といわれ、国際的にも高い評価を得ています。絞りの陰影を活かした作品で人気です。また松井青々は、友禅作家で細やかな技巧を尽くした優雅で華やかな作品で人気の作家です。このように同じ着物といっても、どの作家の作品であるかも重要な要素になってきますので、それらをきちんと見極めることができる専門の着物買取りに依頼することが重要です。

あまり一般的には知られていなくても、着物の世界で人気の高い有名作家・作家物は、他にもたくさんあります。ですので、これを素人が判断するのは非常に大変で、きちんと着物への専門知識を持った人でなければ判断は難しくなります。着物買取りは必ずプロへの依頼が不可欠なのです。譲り受けた着物は、自分できるのでなければ、何かしらの機会があれば処分を考えます。

ですが簡単に捨てるわけにもいかず、実際に困っている人も多いです。こういった着物にも作家などによって価値が変わってくるということを知らなければ、二束三文で処分してしまうこともあるでしょう。ですが、やはり大切な着物ですので、ひとつひとつ丁寧に査定してくれる着物買取りのプロに任せることで、正しい査定で判断してもらえます。もし事前にそのような有名作家の作品であることがわかっているのであれば、その作家に対して特に強化していたり積極的に買取りを行っている着物買取り業者に依頼するのが、高く査定してもらえるコツです。

着物買取りというと、かさばりますので持っていくのが面倒と考える人も多いですが、実際には宅配や出張などのサービスを行ってくれるところも多いですので、自分に合った方法で気軽に着物買取りを依頼することができます。信頼できる着物買取り業者であれば、着物の保存状態やだれの作品であるかなどしっかりと吟味して納得できる金額で査定してくれます。有名作家・作家物の着物はとても人気がありますので、需要も多いです。ですのでそのような着物はお宝着物ですので、信頼できる着物買取りに依頼する方がよいでしょう。

reccomend

着物の歴史
着物の歴史
着物は、長い歴史の中で受けつがれ、育まれてきた世界に誇れる「日本の伝統文化」です。

着物の衿の形
着物の衿の形
着物の衿の形は、衿の幅により、広衿、撥(バチ)衿、棒衿の三種類があります。

夏の着物
夏の着物
夏の着物は、着手はもちろんのこと見た目にも涼しくありたいものです。

Copyright©2013 和服のお手入れQ&A All Rights Reserved.